実験道具

高機能顕微鏡を選ぶ基準

microscopeは微少の対象物を拡大して観察できます。選ぶ時には倍率が基準になりますが、半導体の傷の検査などは1000倍のような高倍率のものを選びます。美容業界などはUSBで使える製品が必要です。モニターにつないで簡単に大きな画面で見ることができるので、頭皮の状態をチェックしやすいです。

研究

高性能な顕微鏡

microscopeは顕微鏡とは少し違います。精密に確認する役割は同じですが、microscopeは映像を映し出せる性能を持っています。より広範囲のピント合わせや3D表示化もできます。精密な検査や確認・情報共有が必要な様々な現場で重宝されています。

実験道具

テクノロジーに関する製品

microscopeは、観察対象を拡大してモニターに表示する装置です。様々な種類がありそれぞれに性能が異なるため、用途に応じて選ぶことが大事です。種類については、直接対象を観察するためのモニタダイレクト用と画像保存及び計測ができるパソコン用の二つに分けられます。機種ごとに対応できる倍率も異なります。

マイクロスコープ

医療に活躍している顕微鏡

医療現場では手術用顕微鏡のことをmicroscopeとも呼んでおり、治療技術向上に大きな役割を果たしてきました。眼科治療や外科手術などに使われていたmicroscopeが、最近では歯科分野でも活躍中です。microscopeを導入すれば最大30倍まで患部が拡大できるため、精密な治療が可能になります。

顕微鏡よりすぐれた機能

マイクロスコープ

医療現場で利用されるわけ

精密機器の生産現場や医療現場で欠かせないのがマイクロスコープです。今までは顕微鏡が果たしていた役割を、それ以上の機能を持つマイクロスコープが取って代わるようになっています。両者の違いを見ていくことによって、マイクロスコープの魅力がわかってきます。顕微鏡の中でも光学顕微鏡は性能的に優れていますが、それでも焦点深度が浅いという問題点があります。深度を深くすると見える範囲を狭くせざるを得ないのです。しかしマイクロスコープなら焦点深度が深い対象物でも簡単にフォーカスすることができ、ハンダ付けの部分などの観察チェックが簡単に行えます。光学顕微鏡では高倍率にすると視野が狭くなって全体像が見えなくなりますが、マイクロスコープは高倍率でも全体像が見やすく、他のソフトウェアと連動させることでより高倍率で視野を広く維持できます。また光学顕微鏡では観察する対象物を事前の処理でスライスしたりして、観察しやすいように準備作業が必要です。マイクロスコープはそのような前処理をしなくても観察できます。例えば容器に入ったままの対象物を見ることができますし、生物などは生きたままで観察ができるのです。その他にもマイクロスコープならではの特徴があります。それは色々な角度から観察できるという点です。顕微鏡は限定的な角度からしか観察できませんが、マイクロスコープは斜めからも横からも観察することが可能で、対象物によって自由に観察できます。これらのすぐれた特徴があるため、医療現場などでも使われているわけです。

Copyright© 2017 医療現場でも利用されるマイクロスコープの魅力 All Rights Reserved.