テクノロジーに関する製品

実験道具

購入時に注意すべきこと

microscopeとは、観察対象を拡大してモニターに表示する装置のことです。類似製品として顕微鏡が挙げられますが、カメラと光学レンズの相乗効果によりmicroscopeの方が様々な被写体に対応することが可能です。microscopeのその他の特徴として、ピントの合わせやすさがあります。観察対象をモニターいっぱいに拡大することもできるため、大人数での観察にも対応することができます。しかしmicroscopeには様々な種類があってそれぞれに性能が異なるため、購入の際には用途に応じて選ばなければなりません。それでは、microscopeには具体的にどのような種類があるのでしょうか。microscopeは、大きく分けてモニタダイレクト用とパソコン用の二種類があります。モニタダイレクト用とは、モニターで直接対象を観察するために開発されたmicroscopeです。もう一方のパソコン用は観察しながらリアルタイムで画像を保存することもできるため、記録を要する場合に利用されています。パソコン用には、観察しながら計測できる機能も搭載されています。microscopeは観察部位のサイズに応じて選ぶことが大事です。製品ごとに拡大できる倍率が異なるため、対応表を見ながら適切な機種を選ぶようにします。モニタダイレクト用とパソコン用のどちらも対応倍率ごとに色々な機種が製造されているため、用途に応じて自由に選ぶことができます。

Copyright© 2017 医療現場でも利用されるマイクロスコープの魅力 All Rights Reserved.