拡大して細部を確認

レディ

充実度や品質向上のために

マイクロスコープを使うと、肉眼では確認できない小さな物体を、接続したモニターで拡大して見ることができます。拡大の倍率は、マイクロスコープによって異なっていますが、高性能なものだと1000倍ほどに設定できます。ミクロ単位での確認ができるので、これにより様々な作業を一層正確に進めていくことが可能となります。そしてそれが、サービスの充実度や商品の品質を高めることにつながるのです。たとえば歯科では、歯の根から細菌を除去するという治療に、マイクロスコープが使われています。歯の根は細く狭いのですが、マイクロスコープを使えば、隅々まで確認しながら細菌を徹底的に除去できるのです。また、食品に混入した異物を探したり、パソコンディスプレイのドット落ちの有無を確認したりといった細かな作業にも、マイクロスコープが使われています。使うことで、作業の効率も精度もアップするのです。さらに、本体にメモリーカードを挿入できるタイプのマイクロスコープもあり、この場合は撮影した映像または画像を保存して、改めてモニターで拡大表示させることも可能です。撮影場所から離れた場所で調査や分析をする場合や、その内容を他の人に発表する場合などに、非常に便利です。この他にも、防水仕様となっていて水中でも撮影できるものや、長いケーブルがついていて深い穴の底でも撮影できるものなど、様々なマイクロスコープがあります。そのため目的や環境を考慮して、最も効率良く使用できるものを選ぶ必要があります。

Copyright© 2017 医療現場でも利用されるマイクロスコープの魅力 All Rights Reserved.